腎臓病になってしまったら|人工透析を使わない治療方法もある

医者

通院を楽にしてくれる

負担を軽減

看護師

透析は不純物が混ざった血液をきれいにして戻す方法が取られ、それによって体調を維持できる効果が得られます。透析を受ける原因が、一番多いのが糖尿病で次に腎臓病です。高齢化の影響もあり、60歳以上の透析患者がほとんどを占めています。透析は週に数回受ける必要があり、しかも1回の時間が数時間かかってしまいます。その度に病院に通わなければいけないので、患者やその家族も送迎に負担がかかっていました。しかし、病院では透析患者を対象に送迎サービスを行うところが増えてきました。送迎サービスがあるだけで、行きや帰りが楽になるので非常に便利です。患者や家族の負担も減り、透析治療に集中していけるメリットがあります。特に高齢の患者が多いことから、送迎をしてもらえるだけでも体力的な問題が解決できます。

バスや乗用車での移動

送迎サービスは、バスや一般的な乗用車などを使って行われています。バスになると複数の患者を乗車させていくため、乗り降りの時間帯を決めています。乗用車の場合は、自宅まで直接送迎をする場合も多いです。どれも車いすでも乗れる福祉車両に対応され、安全な運転でスムーズな移動が実現できます。透析は入院という形でも受けられますが、在宅医療が重視されている今では自宅から通える治療が勧められています。そのためには透析の負担を抑えるサービスが必要であり、患者数の増加によって一般的になってきました。医療がだいぶん行き届いた形になっていますが、透析治療は年々減り続けています。しかし、高齢者の人数からしばらくは患者数のピークが続くので、まだまだ送迎サービスは必要とされています。