地震に強い家にすることで住まいと家族の安全が守れる

地震に強い家にすることで住まいと家族の安全が守れる

設計図

長持ちさせる

マイホームを購入する場合、ほとんどの人ができることなら子どもに残してあげたいと思うものです。しかし、一般的には30年以上経つと建て替えが必要になってしまうでしょう。貯金などがあれば賄うことができますが、場合によっては子どもに負担をかけてしまうこともあるため、マイホームを購入するなら耐久性の高い住まいを選ぶことが大切です。耐久性の優れた住宅は場合によっては100年近く大きな建て替えを必要としないので、経済面での負担も軽減することができるでしょう。

インテリア

震災に注意

地震というのはいつ起こるかわからないものです。せっかくマイホームを購入したのに地震被害で倒壊し、マイホームを失ってしまったという人たちも少なくありません。また、倒壊する危険性のある住まいは、家屋の下敷きになることだって考えられるのです。安心した生活を送るためにも地震に強い家を建設してもらった方が良いと言えるでしょう。また、中には加古川で中古戸建てとして地震に強い家が売却されていることもあるので、チェックしてみると良いですよ。

災害に強い家

レディ

地震に強い家

毎日数多くの地震が発生しており、震度1などあまり揺れを感じることがないものがほとんどですが急に震度4や震度5といった強い地震が発生することもあります。また、近々大きい地震が起こると予測されているため、早いうちから地震に強い家に移り住むことで安全を守ることができるでしょう。

雨風や水害に強い家

木造住宅や軽量鉄構造の住宅は台風などの強風になると家に揺れが生じてしまうことがあります。また、台風だけではなく津波なども家屋が倒壊する危険性があります。台風が多い地域、また海から近いところに住んでいる方は雨風や水害に強い家を選択すると良いでしょう。

火災に強い家

乾燥する時期になると多いのが火災となっており、火災もいつ起こるかわからないものです。自宅ではなくとも隣の住宅から火災が発生した場合、もらい火をする可能性があります。しかし、火災に強い家にすることでもらい火することなく、住まいを守ることが可能です。

広告募集中