腎臓病になってしまったら|人工透析を使わない治療方法もある

医者

総合的な治療

病棟

高齢化や食生活の変化などが糖尿病の原因であり、将来的には小岩の地元の医療機関でも新しい治療を導入するでしょう。糖尿病には合併症のリスクがあるので、かかりつけ医のアドバイスを参考にしながら、眼科なども受診するべきです。

Read More...

通院を楽にしてくれる

看護師

透析治療は、週に数回受ける必要があり、毎回数時間かかってしまう場合も珍しくありません。そのために通院が負担になってしまうのですが、透析を行う多くの病院が送迎サービスを取り入れています。バスや乗用車などで送り迎えをしてくれるので、通院の負担が減らせるようになっています。

Read More...

ライフスタイルに合う選択

医者

世田谷区あたりで透析を実施している病院をお探しでしたら、ネットで探してみて下さい。世田谷区の透析で評判の病院リストもあります。透析の時間の心身への負担を少しでも軽減できるような病院が見つかるかもしれません。ぜひ、ライフスタイルに合う病院を見つけて下さい。

Read More...

安定した透析ライフの条件

人工透析を避ける治療

笑顔

腎臓は肝臓と並んで驚異的な機能を持つ臓器です。肝臓は人体の化学工場とも呼ばれていますが、腎臓もまた化学的な原理を応用して血液を浄化しています。腎臓中の糸球体と呼ばれる毛細血管の塊が血液を濾過し、老廃物を尿として排出しているのです。こうした働きは24時間休まず続けられ、通常なら一生にわたって人体を支えています。その腎臓機能が低下して血液浄化に支障が出てくるのが腎臓病です。糖尿病性腎症や慢性糸球体腎炎・悪性腎硬化症といった種類のある腎臓病は、いずれも重症化すると慢性腎不全に移行します。慢性腎不全は腎臓機能が30%以下にまで低下して尿毒症の症状が見られる状態です。一度損なわれた腎機能を回復させることはできないため、慢性腎不全の患者さんは一生透析治療を受けなければなりません。人工透析にかかる大きな負担を可能な限り回避するため、腎臓内科では患者さんに対してさまざまな治療を行っています。腎臓病でも比較的軽症の段階なら、食事療法と生活習慣改善だけでも腎機能を維持できるものです。塩分やたんぱく質など腎臓に負担のかかる成分を控えた食事指導の他、必要に応じて薬物療法も実施されます。

透析技術も向上している

しかしながら腎機能が50%程度にまで低下しない限り、腎臓病になっても自覚症状がないものです。ある程度進行すると頻尿や軽度の高血圧といった症状も出てきますが、この時点でも腎機能低下を疑う人は多くありません。症状を自覚したときにはすでに慢性腎不全の一歩手前となっているケースも少なくないのです。結果として人工透析を受けなければならなくなったとしても、現在では透析技術も向上しています。できるだけ安定した透析ライフを実現させるためには、最新設備の整った病院で透析治療を受けるのがコツです。透析を長期間続けていると、手根管症候群と呼ばれる痛みやしびれの症状が出てくる場合があります。新しい透析治療で使われるオンラインHDFと呼ばれる方法では、血液透析と濾過を同時に行います。そのため手根管症候群の原因となる物質も濾過できる上、腎臓への負担を軽減させて貧血改善などの付随効果も生まれるのです。病院やクリニックによっては、透析進行状況をリアルタイムで表示するモニターを備えた透析室を用意しているところもあります。テレビ視聴やパソコン使用が可能な透析室を選べば、透析ライフを快適に変えることも可能なのです。